ジスロマックの効果|ジスロマックとクラビットはどっちがクラミジア治療に最適な治療薬か

ジスロマックの効果

白いカプセル

まずはジスロマックの紹介からしていきましょう。

ジスロマックの主成分はアジスロマイシンとなっており、クラミジアだけでなく、淋病治療などにも効果的な抗生物質です。
クラミジア治療のために医療機関から処方されることも多い薬となっており、アレルギー症状の発生が少なくなってるのが特徴的です。
マクロライド系に分類される抗生物質で、幅広い最近に対して強力な殺菌作用を発揮してくれますよ。
これによって、最近が原因で起こっていた炎症などを抑制し、改善してくれるのです。

ジスロマックの特徴としてもうひとつ知っておきたいのが、体内への吸収が良いという点です。
そのため、1回服用するだけで1~2週間ほど効き目が持続してくれるので、毎日継続して服用する必要がなく、飲み忘れによる被害を避けることがしやすくなっています。

ただし、ジスロマックの錠剤には種類があり、250mg、500mg、1000mgの3種類があります。
これは主成分であるアジスロマイシンの含有量を示す数字であり、大きければ大きいほど、アジスロマイシンが含まれていることを意味します。
となれば、最初から1000mg錠を服用すればすぐ治るのでは?と考える人がいるかもしれません。
しかし、ただ単純に多く服用すれば早く治るというわけではありません。
それぞれに適した服用方法が用意されていますし、みなさんの症状次第でどれを飲むべきかも変わってきます。
通販サイトを使って自身で購入する場合、必ず自分に合った錠剤がどれなのかを調べたうえで注文するよにしましょう。