クラビットの効果|ジスロマックとクラビットはどっちがクラミジア治療に最適な治療薬か

クラビットの効果

水色と透明のカプセルが入ったブリスター

一方、クラビットはレボフロキサシンを主成分とした抗生物質になってます。
こちらもクラミジアなどの性感染症や、マイコプラズマなどにも効果があり、さまざまな用途で活躍します。
クラビットを服用することで細菌の繁殖を抑制することができ、そのまま死滅させるのです。
これによって、細菌が原因で起こっていた症状を治療できるのです。

ジスロマックとは違い、クラビットは250mg、500mg、750mgの3種類となっています。
用法用量も違うため、同じクラミジア治療薬だからといって同じ服用方法をとらないように気をつけてください。
基本的にクラビットを服用する場合は、毎日1回、250mgの錠剤を2錠服用することになります。
500mg錠や750mg錠は症状がかなり進んでしまっている場合にのみ服用することになるため、用量が大きいからといって勝手に服用するのはやめておきましょう。
クラミジアを正しく治療してくれない可能性があるだけではなく、身体に副作用などの悪影響を与える危険もあるのです。

クラビットは副作用が少ないと言われていますが、それはあくまでも正しく服用した場合の話です。
誤った方法で服用してしまうと良からぬ症状が出てしまう可能性があり、もしそうなってしまったとしても自己責任になるので注意しましょう。

ジスロマックと比較すると、クラビットの方が安い料金で販売されています。
どちらを購入するかの基準として、少ない服用で効果が出せるジスロマックか、安く手軽に購入できるクラビットか、という点から考えてみるのもオススメです。
ただし、どんな医薬品であっても、効き目の強さや副作用の有無は個人差によって分かれます。
最終的にはそれぞれを試したうえで、自身に合った医薬品を服用するのが一番です。